お酒に含まれているアルコールは、人間の体を良くすることもありますが、過剰に服用することで、悪くしてしまい、これが原因で、大きな病気になってしまう恐れがあります。過剰になればなるほど、症状に歯止めが効かずに、とんでもないようなことになる恐れがあります。

そのために、アルコールを体内に吸収させる量を抑えることが重要。この量を抑えることが自分ではできない場合は、レグテクトを服用し、依存症を抑えることが大切になります。ただし、レグテクトを服用することで、副作用が起こることがわかっています。

たとえば、レグテクトを体内に吸収することで、胃や腸で消化されることで、肝臓で代謝されることで、血中内に入り込み、脳に伝わり「アルコールを飲みたくない」という信号を送ります。

毎日のように服用すれば、依存症を和らげることができますが、肝臓代謝を続けることで、ダメージを与えてしまうために、肝機能障害が起こってしまう恐れがあります。

ただし、肝機能障害については、本人は気づかないために、そのまま服用を続けていることで、大きな障害になる可能性もあります。肝機能障害が続くことで、最終的に肝臓ガンになることもわかっています。

そのために大切なのが定期的な血液検査です。検査で、肝臓に負担がかかっているのかがわかるために、一年に一回は病院やクリニックなどで検査を受けることが重要になります。そうすれば、毎日のようにレグテクトを服用していても、副作用が起こっているのか、起こっていないのかが一目瞭然でわかります。