お酒を飲むことでほろ酔いになることはけっして悪いことではありません。普段のストレスや不安を和らげるためにアルコールの力を借りることはけっしておかしいことではありません。

しかし、過剰にアルコールを飲見すぎることで「今日も生なくてはいけない、仕事中でも飲みたくなる」など、アルコール依存症になるおそれもあります。依存症になることで、そこから抜けることが困難となってしまいます。

そこで、このようなアルコール依存性を抑制するためにレグテクトを服用します。

レグテクトの作用としては、有効成分のアカンプロサートカルシウムが、アルコール依存の興奮性神経であるグルタミン酸作動性神経の活動を抑制してくれます。
薬の服用としては、症状によりますが基本的には1日に1錠です。レグテクトは1錠あたりアカンプロサートカルシウムが333mg含まれていますので、食後に水と一緒に服用するのが基本で、次第に効き目を発揮してくれます。

薬を服用する時に、アルコールや緑茶などで服用すると、作用が強くなる恐れがあり、副作用が起こる可能性があります。副作用で、下痢や血管浮腫などが起こる危険性もあるために、薬を服用する際は水か白湯を使いたい所です。

レグテクトにしかり、他の薬でもいえることですが、有効成分が胃や腸で消化され、肝臓で代謝されることで、血液に流れるような構造になっています。その際、水や白湯で流れるような構造に薬はなっていますので、服用するときにはこころがけたい所です。