職場の精神的なストレスを和らげるために酒を飲んでいたら、いつのまにかアルコールを飲みすぎて肝臓に負担をかけていました。

アルコールが体に負担をかけるなら、酒を辞やめなくてはいけないと思うはずです。

しかし、アルコールの依存が強いと、「酒を飲みたい」という欲が、脳から放出されるた、辞めることは簡単ではありません。

そこで、断酒補助薬のレグテクトの効果になります。

レグテクトを服用することで、「酒が飲みたい」を抑える作用が期待できます。

レグテクトの詳細・購入について>>

 

アルコールの力で精神を和らげる、、、

仕事の内容について、最初の頃はちんぷんかんぷんで、すぐにでもやめたいと思っていました。

でも、半年や一年と時が流れることで、じょじょに内容を理解するようになり、仕事の醍醐味がわかってきました。

仕事においては特に問題はありません。
しかし、人間関係ではギクシャクして、憂鬱になってしまいます。

喜怒哀楽の激しい上司がいて、本当に辛くなります。機嫌が良い時は、特に問題はありません。

昼ごはんをおごってくれたり、営業の帰りに、サービスでジュースなどをサービスをしてくれたりします。

でも、理由もなく急に怒りだすことがあります、、、
先ほどまで期限が良かったのに、急に怒り出すんです。本当に精神的にやられてしまいます。

こちら側が、仕事の失敗をしているのなら問題だと思いますが、ただ単に、自分に都合が悪かったり、ただ単に機嫌が悪いと言うだけで怒りだすわけです、、、。

一層のこと、性格がそれだったら良いのですが、喜怒哀楽が激しいために、ドキドキしながら仕事をしなくてはいけないわけです、、、。

そのために精神的にまいってしまいます。

「会社を辞めれば良いのでは?」
確かに、退職するという選択肢もあります。
しかしながら、私の年齢は30代です。ここから、新たな会社に転職し、いちから仕事を学び、職場の人と接していくのは色んな面で辛い部分があると予測。

そのため、今の現場でどう乗り越えるか、またはどう予防して、精神を抑えられるのかを考えておりました。

「予防する?」
そこで、この精神的な部分を予防するために、お酒のアルコールの力を借りていたわけです。

もともとアルコールはちょびちょび飲んでいたんですが、本格的に毎日のように飲むようになったのが、約3~4年前からです。

そして、月単位で酒の量が増えていました。

  • ビール2本(1杯350~500ml)
  • ウイスキー3杯(1杯100ml)
  • たばこは1日2箱

アルコールを体内に吸収することで、良い感じで酔うことができるために、職場のキドアイラク上司のことを忘れることができます。

自分でも酒を飲みすぎていることはわかっていました。
半年ほど前から、アルコールを摂取したいという強い欲望があらわれていました。

これは、上司からイヤごとを言われたからではなく、平日の午後に「酒が飲みたい」という欲求が強くなっていました。

さすがに、仕事中に酒を呑むことはありませんでしたが、日に日に飲む量が増えていました。

ではなぜ?断酒補助薬のレグテクトを服用したのか?あれだけ酒の力をかりて、キドアイラク上司を忘れることができたのに。

実は、健康診断で肝臓
肝機能(γ-GTP等)の数値がウナギ上りに上昇したからです。

約2年前から、肝機能の数値が上がり、専門の医師からタバコと酒の量を控えるようにアドバイスを受けていました。

しかし、それとは逆のことを行っていたために、数値が上がり、肝臓にかなり負担をかけているとの説明を受けました。

現段階で医師から酒やタバコを辞めなさいとは言われていません。しかし、今の段階からある程度の対策を取らなくてはと思い、そのために始めたのが断酒補助薬のレグテクトになります。

禁酒補助薬レグテクト有効成分アカンプロサートの効果

レグテクトは禁酒補助薬です。

断酒補助薬とは、簡単に言うとアルコール依存症の治療によく使われる薬。

断酒補助薬であるレグテクトを服用することで、肝臓で代謝され、血液から脳に到達することで、アルコール依存で高まっている神経活動を抑制します。

つまり、レグテクトの作用としてはアルコールが含まれているお酒を飲みたいという飲酒欲求を抑制する作用が期待できます。

そもそも、なぜアルコールが含まれているお酒を飲むことで依存症が起こるのでしょうか?

毎日のようにビールや焼酎などのお酒を飲んでも、依存症にならない人もいます。

これは脳が関わってきます。

アルコール依存は、脳内の一部である中枢神経系
で最も重要な興奮性神経伝達物質の活動を活発にします。

この興奮性神経伝達物質をグルタミン酸作動性神経と呼びます。

「アルコール依存が強くなる」とうのは、平常時または、お酒を服用している時に、興奮性神経伝達物質であるグルタミン酸作動性神経の量が増加します。

グルタミンが増えると、精神的に
「ビールが飲みたい!」
「酔っ払いたい!」
という欲求が強く湧いてきます。

初期の段階では我慢できますが、徐々に強くなると、抑えることができずに、お酒に手が出てしまいます。

アルコールを摂取する事で、グルタミン酸の量が減少し一時的に「お酒が飲みたい」の欲求が満たされます。

しかし、また時間が立つと、
「ビールが飲みたい!」
「もっと酔っ払いたい!」
の欲求が現れます。

これがアルコール依存症なわけです。

そこでアルコール依存症を改善するために断酒補助薬のレグテクトを服用します。

つまり、「お酒の飲みたい」の欲求に対して、レグテクトを服用することで、欲求が湧いてこなくなります。

「なぜか?」

先程お話したように、アルコールを吸収することで、脳内の一部である興奮性神経のグルタミン酸の活動が亢進すると説明をしました。

レグテクトの有効成分であるアカンプロサートは、グルタミン酸の受容体に作用し、活動が抑制する働きがあります。

そのために、アルコール依存症特有の「酒が飲みたい」などの強い欲求を抑えることができるために、改善つながります。

レグテクトを通販で購入する

レグテクトは国内で2013年に許可が降り、同年代に病院で処方されるようになっております。

そのために、大量に酒を飲んでいる人やアルコール依存症を治したいと考えている方は一度、病院に通院をオススメ致します。

医師の検査や問診のもとで、レグテクトの処方箋が適用される可能性があります。

レグテクトは国内で許可されたばかりなので、薬価は高めです。

国内レグテクト
・レグテクト錠333mg
・1錠、51.5円

病院で通院する場合は、車やバス、電車などの移動代、その他の病院による検査代金、そして薬科大などが掛かるために、けっして安いお金ではありません。

ただし、今まで悩まされていた依存症を改善するためには、安いものです。

薬価の価格自体はさほど変わりませんが、移動代、検査代金などが無料で、薬価代金だけで購入できる方法があります。

それは、レグテクトを通販で購入することです。

あくまでも、レグテクトは通販というよりも、海外で製造されているレグテクトのジェネリック(アキャンプタス)を個人輸入で購入するという形を取ります。

個人輸入サイトで異なりますが、手数料や送料などが無料でレグテクトジェネリックだけの価格を購入することができます。

国内レグテクト
・レグテクト錠333mg
・1錠、51.5円
レグテクトのジェネリック(アカンプロサートカルシウム 333mg)
・レグテクト、ジェネリック
・1状、45~55円
1箱60錠 2800円~3200円

もし気になる方がいたらチェックしてみてください。

レグテクトの詳細・購入について>>